FC2ブログ

ネコミミではありませんでしたが、何か?

久々に早番だったので、本屋で絵本を立ち読みしました。
アニメ絵の世界名作シリーズなんですが、意外に好きです。原画?が話毎に全く違うため、絵的な好き嫌いはありますが。
特に金太郎とか、キッツいです(笑)坂田金時少年。銀時ではないのよー
……コレ、どう見ても『きれいなジャイアン』ですよ?
平安顔の頼光四天王に一人こんなヒト混ざってたらヤだなぁ……確かに正義感は強そうですが、確実にイマイチモテないタイプです。

で、今日読んだのは『はなよめになったねこ』。
もう、タイトルでヲトメ心がギュンギュン反応してました。いわゆる異種婚姻譚ってヤツですね。やー、実にいいじゃないですか。AT番号はいくつでしょうか。
まあ、アッチのアレでもその手の話はごろごろしてそうですが。大きいおともだちはネコさんのお耳が大好きですからね☆

そんなしょっぱいお話はさておき、件の話なのですが、これがまた実に切ない。
内容を簡潔にまとめると
●野良猫(メス)がピアニストの青年に一目惚れ。青年もよく見るそのぬこを可愛がる。
●青年が病気になるが、猫の身では何も出来ず悲嘆にくれるぬこ。
●そこへすかさず女神様登場。「人間にしてあげるので、ちゃんと家事とかもやるんですよ?」とお約束。ぬこ、美少女に。
●青年に薬を届けて看病するぬこ。青年もぬこに惚れたため即結婚。
●でも中身はどーぶつなので、家事をしないぬこ。お約束を思い出して一念発起するが、お約束通りのドジっ子パターン。終いには青年のオルガンを破壊して逃亡。
●ぬこ、挫折。女神様に猫に戻してもらう。
●青年にお詫びをしようとするが、所詮猫なので何も出来ずヘコむぬこ。仕方なく花を持っていくと、やはりヘコんでいた青年が久々に再会したぬこを昔のように可愛がってくれた。
●青年とぬこは幸せに暮らしましたとさ。めでたしめでたし。


めでたくねぇー!!



幸せは幸せだけど、結ばれてないよ!?
愛だけでは種族の垣根は越えられないと証明してどうすんだよ!甘い考えは捨てろという事なのか?
『ご主人様♪』とか呼ばれてみたり、拾った捨て猫が翌日美少女に…とか、そんな煩悩は一切無いのに!?マジでプラトニックなんだぜ!!
…まあ、青年がぬこ一筋で女には目もくれなかったら純愛物語として成立するけど、そんな倒錯した愛のカタチを絵本で語られても困るかも。
ちなみに、オルガン破壊事件のきっかけを作ったのは、ぬこを試しに来た女神様です。
女神様、厳しいよ……orz
あと、シリーズにはラインナップされてませんが、『小人の王子』という外国の昔話も相当にしょっぱい話です。
幼い子供さん方は気に入らない事があったら泣いてばかりいないで、これらの話を熟読して世の中の世知辛さを学んで下さい。
世の中には、泣いたってどうにもならない事が実にたくさんありますから。
スポンサーサイト



2007.06.13 03:18 | ヨタ話 | トラックバック(0) | コメント(0) |

コメントの投稿












管理者にだけ表示

トラックバック

トラックバックURL↓
http://chimoll.blog80.fc2.com/tb.php/392-79e1fd06

| ホーム |