FC2ブログ

29日は肉の日だから…

牛ミンチの擬装事件が大きく取り沙汰される今日この頃ですが、皆さまいかがお過しでしょうか。
豚肉混ざってただけで大ニュースなんて、日本は厳しいよなぁ……とか思ってたら、あの会社、他にも結構悪どい事やってたみたいです。雪●並に。社長も全然悪びれてなかったし。
でも、中華クオリティにはまだまだ敵いません。あっこの国、食べ物にインクで着色とか小学生並の荒ワザ平気で使うからな(´Д`)
おそぎゃーでかんわ。

ときに例のミンチの件なんですが、夕方のニュースでリポーターの人が実験をしておりまして、牛7:豚3のハンバーグと牛のみのハンバーグを食べ比べて
「うーん……こちらは多少豚特有の臭みがありますが、ほとんど判りませんね」
と真剣にリポートしてました。

……あれ?

彼の名作『ミスター味っ子』第4巻に於いて、主人公の陽一少年が
「(ハンバーグ)パティの豚肉が多くなれば肉汁たっぷりの濃厚な味となり、牛肉が多くなればさっぱりとした食べやすいハンバーグになるんだ」
と力説してますが。
んー、まあ、アレですよね。庶民レベルでは関係ないって言うかー?(´□`)
『味っ子』自体、『ジャぱん』みたいなトンデモ漫画ですしね。Hahaha…☆
お好み焼きのモチ入りとかスジコンとか、結構ポピュラーだと思うんですがね。
あと、肉の天才小西和也戦で見せた『肉を熱く食わせるボッチ』も、昔『ステーキのあ●くま』で見た気がするですよ。
…あぁ、気のせいですかそうですか。

久々に読み返したら、お好み焼きの岡田屋の大将が昔バイトしてたとこのマスターに似てることに気が付きました。
あと、味将軍の伏線が回収されてなかったり。(顔すら出ねぇ)
確かアニメでは味将軍は味皇の弟で、途中で味皇サマが寝返るんだった気がする。
味っ子2は読んでませんが、1の最終巻で燃え尽きた味皇サマがあの後ずっと昏睡してたのに噴きました。
ビミョーに生きてたんだね……。
スポンサーサイト



2007.06.20 19:00 | ヨタ話 | トラックバック(1) | コメント(0) |

あの日に帰りたい

突然ですが、ちょっと痩せました。
うわーい\(´□`)/
あと12キロ痩せたら水着着る。
どんだけー?


さて、つまらん事はさておき、昨日は昔の事を思い出してしまい、うじうじしていました。
事の発端は、件のBさんの電撃結婚発表。
お相手は一人っ子ですが、向こうの親に同居を拒否られたとかなんとか……いや、詳しくは知りませんが。
店長(独身)と私(独身)は顔を見合わせ、黙ってそっと微笑みました。
ツッコミ所は多々ありますが、ノーコメントということで(笑)

身の回りの独身率が異常に高いためあまり意識していませんでしたが、もうそんな年齢なのだなぁ……と思ってしまったら、昔の事を思い出してしまいました。
その昔、まだ『ぴちぴちのじょしだいせい』だった頃、通っていた道場にちょっと若者に説教するのが好きなおじさまがおったのです。
イイ人なんだけど、やたら説教したがる人……たまにいるよね(笑)
学生をよく可愛がってくださっていたのですが、ある日、その人にラーメン食べに連れてっていただきました(勿論他意は無い)。
別に気まずくはないんですが、二人きりで正直何とも言えず妙なシチュエーション。
そしたら、その方は唐突に
「社会に出たら、美人なのに何故かなかなか結婚しない人はたくさんいるからね…」
と諭し始めました。
……どういう意味だ……orz
別に彼氏ができないとか相談した訳じゃないのに、何も無い時に慰められるとこんなにヘコむなんて初めて知りましたよ?
今になってその言葉がひどく身に染みます。
今ならわかる。
でも、当時からそんな事を予見されていたことが切ない(T_T)
……Tさん、どんだけ後輩をヘコませたら気が済むんですか。
どんだけー?

その道場の先生もまたフシギな発言をされる方で、ある日髪を少し明るくして行ったら、
「……急いで大人にならなくてもいいんだよ?」
と切なげに言われた21の夏。
いや、そんな事言われても……。
また、ある時は稽古前に正座していたSさんに
「なんか大きくなった?」
と。
遠回しに太ったか聞いたのかもしれないけど、一体何と答えれば良いんですかorz
そんなこんなでしたが、毎日が精一杯だったあの頃にもう一度戻りたくなってきました。

2007.06.20 15:04 | 日常 | トラックバック(0) | コメント(0) |

カルチャーショック

母とテレビを見ていたら、母が
「『漢』って『オトコ』って読むんだねぇ!」
と驚いていた事に、私が驚いた。
グローバルスタンダードだと思ってたよ……orz
「じゃあ、漢の国って男の国?」
と聞かれましたが、そんな事知りませんよ。
なんか暑苦しい国っぽいです。

2007.06.20 14:21 | 日常 | トラックバック(0) | コメント(0) |

| ホーム |