スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

♪帰~って来たぞ 帰~って来たぞ

今夜の2サスはあの『奥様は警視総監』の第二弾!!
ぞ、続編作りやがったー!?
………評判良かったんだ……?(-.-;)
なんだかんだ言いながら、結局最後まで視聴してしまいましたが。

相変わらず「未解決殺人事件ファイル」―通称Mファイル―は健在でした(笑)
Mは未解決のM~♪凄いセンスだ(´Д`)
しかも放っといたら、また事件99件も溜めちゃって(⊃Д`)
警察、大丈夫か?
今回は旦那様が登場。……ヨシズミさんでした。超音痴な元暴走族で警察ギライ。どんなキャラだと思いましたが、ほぼ素のヨシズミさんです。いいとものまんま。
また、家が貧乏なので奥様はバーゲンハンターなのですが、その無駄に持て余しているポテンシャル(30歳で女性警視総監に就任)を生かしてパートに出りゃいいじゃんか。
今回のアシスタントのモッチーのヘタレっぷりは萌えます。あんなバリバリのエリートキャリア青年がプライド捨ててゴマ擦りまくってくれるなら、確かに協力してやってもいいかも知れません。マッハで意見を翻す彼の調子の良さは異常。軽く女王様気分になれそうです。
他にものど自慢大会の主催者の名前が『歌声さん』だったり、遺産トラブルが起こる程の金持ちなのに会場がジャイアンリサイタル位の規模だったりと、いちいち有り得ません。
一言でいうなら、

ねーよwww

と。全体的に。全てが。
結婚式司会者が事件解決する位に有り得ないドラマでした。
続編、見たいような見たくないような……(-.-;)
スポンサーサイト

2007.06.30 02:25 | 日常 | トラックバック(0) | コメント(0) |

当たっちゃったー

20070629155719
フジパンの春キャンペーンのが当たりました☆
みっひぃさんのオーブントースターです。
懸賞ってちゃんと当たるのねぇ(´ー`)
今回は当選数が多かったのと、何通か送ってるのが良かったのかも。
うさこさーん♪いやっほぅ!!

2007.06.29 15:57 | 日常 | トラックバック(0) | コメント(0) |

その柔肌に恋い焦がれ

初めてちゃんと『やわらか戦車』見ました。
今まであんまり可愛くないなぁ…と思っておりましたが、今日その認識の甘さを恥じました。

……なんだこいつ(笑)

♪指先で つ~つかれたら そこから腐るっ
って、弱っっ!?
恐らくこれはヘタレ系の萌えキャラです。
ヘタレに反応する人は見るべし。

2007.06.29 01:16 | 日常 | トラックバック(0) | コメント(0) |

乙女ちっくウォーズ☆

ナオルちゃんから『こまねこ』のももいろちゃんを頂きました。うわぁい(>_<)

カワイイものが好きです。
―乙女ですから。
甘いモノが好きです。
―乙女ですから。
子猫が好きです。
―乙女ですから。
絵本が好きです。
―乙女ですから。
少女漫画が好きです。
―乙女ですから。
青年漫画も読みます。
―乙女ですから。
エロゲもします。
―乙女ですから。
801はダメです。
―乙女ですけど。
プー●ンが気になります。
―乙女ですから。
焼肉にはビールです。
―乙女ですから。

乙女、乙女、乙女……。
『Z女』と『乙女』は似ています。乙女。

2007.06.29 00:19 | 日常 | トラックバック(0) | コメント(0) |

川原ファンには訳がある

友達に貸そうと引っ張り出した『レナード現象には訳がある』を読んで、再びキュンキュンしてました。
大学で目覚めた遅咲きの川原ファンなんですが、近作では『ブレーメン2』よりこっちの方が好きです。原点回帰みたいな感じ?
この方の特徴としてはオジサン(30手前)×女子高生がやたら多い事が挙げられます。もうそこがたまらなく好き(笑)
一見生々しい組合せですが、作風のせいで全く嫌らしくないのがまたステキステキ。
12~9歳差は当たり前の世界ですので。
で、今回も勿論あります。
青年×ょうじょ!!
うわぁい☆大好物だよ\(´ー`)/
他にもフォモをネタにした話とか、ほのぼのなのにアレな方向に濃ゆいオムニバス。
早く最新巻出ないかなぁ……川原泉先生と藤崎竜先生と谷川史子先生が私の中で『短編集が凄い作家』の3トップです。

フォモで思い出しましたが、今日書店でそっちの世界に迷い込んでしまった時に気付いた疑問が一つ。
他の少女漫画が様々な表紙なのに対し、何故かそういう本って、表紙が主役二人のみで、『戸惑う受を後ろからニヤついて抱きしめる攻』って構図が9割近くを占めてるんですが……。
これが絶対的な基本フォーマットなんだろうか。あの一画のみ異質なのはそのせいなのかもしれない。

2007.06.27 03:48 | 漫画 | トラックバック(0) | コメント(0) |

メイプルタウンへおいでよ

相変わらず『おいでよどうぶつの森』をちまちまちまちま……進めております。
え、ゼルダは終わったのかって?
…………。
だって、ロードしたら何故か見知らぬ所に飛ばされてて、脱出できなくなってたから……。俗にいうハマり、みたいな?
もう夢から覚めなくてもいいもん(:_;)

にしても、住民にいささか不本意なあだ名を与えられた上に、それを勝手に広められるのは軽くいじめではないかと思うんデスが?
現在、我がねるぜるすき村ではもっぱら『フェチッチ』ちゃんと呼ばれているちもるさん。
一部では『こらそん』さん。
……なんでだよ。訳解んねぇよ(´Д`)
しかも、『~だっちゃ!』という口癖も同時流行している惨状。
流行らせるな!頼むから!!
他には挨拶が『ジュテーム!』だったり『ラバーメン!』だったりと、変態満載でお送りしております。
恥ずかしくてコイツら外に出せないよママン!?……まあ、全部私のせいなんですけども。

最近はクーデレのマスターやツンデレのあさみさんと仲良くなりました。
ニンテルド帝国ってば、イイ仕事してますね(笑)
マスターが初めてちょっと気にしてくれた時の驚きと喜び、そしてその戸惑いっぷり。
ハト相手に萌えてしまいましたが、何か?
でも、残念ながら現実にはコーヒーより紅茶派な、元煎茶部なんです。
違いの判らない女でゴメン、マスター( ̄▽ ̄;)

2007.06.27 02:50 | ゲーム | トラックバック(0) | コメント(0) |

さ・が・し・て☆親指Princess

その昔、私がまだ『ぴちぴちのじょしだいせい』だった頃、下宿の部屋にはADSLとかISDNとかそんなステキシステムは実装されておらず、パソコンに電話線突っ込むという実にシンプルかつ原始的な方法でネットを楽しんでおりました。
で、ある日急に自分の中で恐怖ブームが到来し、怖いもの見たさで心霊ものを見始めた頃がありまして。
そんな中、たどり着いた一つのサイト。
『親指探し』
今でこそ三宅健だ松山ケンイチだで映画も有名になりましたが、当時はそんな単語すらまだあまりメジャーでは無く、私は大変な衝撃を受けました。
意味は解らないわ気持ち悪いわで、おまけにブラウザの『戻る』でダイアログが出る徹底ぶり。見知らぬ人の名前を羅列されるだけでこんなに気持ち悪いものかと感心したものです。
軽くトラウマになりました。

あれから数年――
昨日検索してたら、たまたまあのサイトの正体を知ることが出来ました。
安心した半面、ちょっとがっかり。
でも、最初知らずに見て得したかもしれません。本気で怯えたので。
実はビビりなんです。
もう、小説『彼岸花』の後書きにも怯えた位。

ときに、恐怖とは全く関係無いですが、探してつながりで、昨日四半世紀の人生で初めて『LoveSong探して』のボーカル入りを聞きました。
すげーな、ようつべ。
全く便利な世の中になったものです(´ー`)
昔、部活の同期でテープ持ってるヤツがいたのですが、ヲタをカミングアウトしてなかったので貸してくれとはとても言えなかったのです……。
ちなみに、ヤツの部屋には他に徳永英明とTMネットワーク位しかなく、完全な80年代ワールドでした。リアルに『バブルへGO』だよ(笑)
愛読書は『健児』で、格闘系でも敢えて『バキ』じゃないところがまた……ヤツらしいというか。
……なんだかどうでもいい思い出まで蘇ってしまいますが、私はこの曲がとても好きです。
人のプレイを見た事はあるけど自分ではやらなかったので、復活の呪文に悩まされてないからかもしれません。多くの人にとっては切ない思い出に直結した曲らしいので(笑)
ラーミアの曲といい、すぎやま先生はホントいい仕事してます。

2007.06.25 01:34 | ヨタ話 | トラックバック(0) | コメント(0) |

おねえさんのユウウツ

先日の戦利品である『痕(リニューアル版)』についに手を付けました。
こういうブツって正直あのデカい外箱が大変邪魔です。
突然不慮の事故で死んだらどうすんだよ(笑)
(もちろん『箱のせいで』というイミではなく)
そういう点では、箱はデカいものの自己主張の控え目なこのパッケージは大変ありがたい限りです。

で、とりあえず千鶴のバッド3つまで読みました。
泣かなかったけど切ない………千鶴サンのお姉さんっぷりが(´Д`)
エロ云々はともかく、血みどろっぷりが既にR-18でした。やー、赤い赤い。はっはっは☆
あんだけグロ描写出しといて今更失禁にモザイクかけられても、何だか無意味な気はしますが、ソコはそれ、大人の事情なのでしょう。
先日放映の『レジェンドオブメキシコ』で、えぐられた目がぼかされていたような感じで。ソコじゃないだろ、みたいな。
でもまあ、せっかく勇気出して精神力を消耗してまで手に入れるわけなので(通販はコワイ)、意味のあるエロ、意味のある暴力を厳選したいのですよ。
ただ泣きたければ家庭用で充分。
時折、自主的に破滅的なヘコみ方がしたくなるんです……変態ですか?『最終兵器彼女』とか読んでると、もう「生きててゴメンナサイ」みたいになります。時々そうなりたいのです。

変態さのアピールはさておき、さわりしかやってませんが、とにかく文章がスゴかった。
すごく読みやすい。感動。
「んなこたぁない!」(←タモさん?)とか、結構軽い感じではあるのですが、読むに耐えないような崩れ方はなく、かと言って堅すぎず飾り過ぎず。
すっと頭に入る感じ。
フリーの同人作品はたまにやりますが、この辺はやはりプロとアマの差が如実に出る気がします。
正直なところ私は『空の境界』を途中でギブアップしているので、多分きのこ節への耐性が薄いと思われます。また、『ひぐらし』も痛々しくてアウトでした。(文章より描写が……)
こう、適度な格調を保ちつつも無駄にカッコ良すぎず、あっさり内容を把握できる文章って本当に憧れます。
偉そうに語る癖にあまり本を読んでない私ですが、逆にいえばその程度でも十二分に理解できるような文章です。
もうラノベすらほとんど読みませんが、解りやすいという点では『スレイヤーズ』は結構好きでした。格調もへったくれもないけどf^_^;
難しい本は何度同じページ読んでも頭に入っていきません。昔『罪と罰』を45ページで断念したのはそれ故(´□`)
あと、解りやすい戦闘シーンも私的には高ポイント。ああいうのって、おバカなので解らんのはさっぱり状況把握できないんです……誰が何処にいるかとか具体的にどう動いたかとか。
……あれ、なんか違う方向に変態っぽくなって来ちゃったよ??(笑)

まあとにかく、何度もやるタイプのゲームなのであれ位の短さがちょうどいいと思います。
そこまで文字が好きじゃないので、あまり長いと二周出来ませんし。デアボリカもデータ吹っ飛んだから再読が辛い……(-.-;)
ラヴ部分とかEDとかの前でデータ作って、何度もキュンキュンするのが私のプレイスタイルですから。
言うなれば回想モード代わりです。
大事ですよね、回想モード。

2007.06.23 14:05 | ゲーム | トラックバック(0) | コメント(0) |

石鹸の馨る頃に

久々に昼ドラ見たんですが、何か相変わらずキてますね(笑)


「高校のとき、二人で処女でいようねって誓い合ったじゃない…!」
「好きな人の精子しか子宮に受け入れられないのよ!!」
「死ねっ!死ねよぉっ!!」



……………。
大丈夫か、コイツら(´□`)
6月なのでアクセル全開、ブレーキは足!みたいな。止まりません。止まれません。
しかしアレです。
中島さんの作品は
●階段から落ちて激しく流産
●主人公(女)を激しく愛するor激しく憎む電波女が出てくる
●電波女が激しく刃物を持ち出す(「…殺してやるっ!!」)
●謎のフォークソング

以上の要素によって構成されている気がします。
そして、大体の場合に於いて電波女の方が主人公よりキャラ立ってる。
伝説のたわしコロッケで有名な富美子サマとか超COOLですよね☆
あと、今日も突然謎のフォークソングが流れて来て噴きました。
ボタバラといい、なんかやるせない気持ちになるのでコレだけは勘弁してください(笑)
何故かオカマバーのママがナレーションで驚きましたが、斬新なのでよし。
残り一週間、ラストスパート電波全開で頑張ってください。

2007.06.22 14:35 | テレビっ子 | トラックバック(0) | コメント(0) |

漆黒の賢者

漆黒のぼでーが星戦士ビスマルクみたいでカッコいいタマノイ酢の酢ロボたん。
お酢の知識は世界一ィィ!!なんだってさ。すごいね。
………いろんなイミで。
酢の知識はともかく、ちゃんとロボット三原則も入れといて下さいね
危ないから。
……まあ、反乱とか起こされても酢の知識を以って何をされるのかさっぱり想像が付きませんが……。

2007.06.22 00:52 | ヨタ話 | トラックバック(0) | コメント(0) |

三年生のみんなへ

どんなに汚れてしまっても
繋いだ手さえ離さなければ
ずっと友達でいてくれますか?

世界は思っていたより汚いです。

みんな、無事ですか?
私は少し薄汚れてしまいましたが元気です。
相変わらず手は遅いですが…。

もうトナカイの人の姿も思い出せません。
恐かったり、悲しかったりもしません。
もう大丈夫です。
だから、助け合って生きていって下さい。
あと、どうかあの娘たちを守ってあげてください。
いろいろな人から。

多分誰かが裏切りました。
だけど、仕方が無いと思います。
そう確信した私も汚れてしまいました。
だからせめて、口には出さないようにします。
彼女たちを信じます。

それから、結局助けられなくてごめんなさい。
では、お元気で。
初めて出会ったあの場所の近くから
みんなの幸せを願っています。
……みんな、幸せ?

2007.06.21 00:33 | ムシ戦記 | トラックバック(0) | コメント(0) |

29日は肉の日だから…

牛ミンチの擬装事件が大きく取り沙汰される今日この頃ですが、皆さまいかがお過しでしょうか。
豚肉混ざってただけで大ニュースなんて、日本は厳しいよなぁ……とか思ってたら、あの会社、他にも結構悪どい事やってたみたいです。雪●並に。社長も全然悪びれてなかったし。
でも、中華クオリティにはまだまだ敵いません。あっこの国、食べ物にインクで着色とか小学生並の荒ワザ平気で使うからな(´Д`)
おそぎゃーでかんわ。

ときに例のミンチの件なんですが、夕方のニュースでリポーターの人が実験をしておりまして、牛7:豚3のハンバーグと牛のみのハンバーグを食べ比べて
「うーん……こちらは多少豚特有の臭みがありますが、ほとんど判りませんね」
と真剣にリポートしてました。

……あれ?

彼の名作『ミスター味っ子』第4巻に於いて、主人公の陽一少年が
「(ハンバーグ)パティの豚肉が多くなれば肉汁たっぷりの濃厚な味となり、牛肉が多くなればさっぱりとした食べやすいハンバーグになるんだ」
と力説してますが。
んー、まあ、アレですよね。庶民レベルでは関係ないって言うかー?(´□`)
『味っ子』自体、『ジャぱん』みたいなトンデモ漫画ですしね。Hahaha…☆
お好み焼きのモチ入りとかスジコンとか、結構ポピュラーだと思うんですがね。
あと、肉の天才小西和也戦で見せた『肉を熱く食わせるボッチ』も、昔『ステーキのあ●くま』で見た気がするですよ。
…あぁ、気のせいですかそうですか。

久々に読み返したら、お好み焼きの岡田屋の大将が昔バイトしてたとこのマスターに似てることに気が付きました。
あと、味将軍の伏線が回収されてなかったり。(顔すら出ねぇ)
確かアニメでは味将軍は味皇の弟で、途中で味皇サマが寝返るんだった気がする。
味っ子2は読んでませんが、1の最終巻で燃え尽きた味皇サマがあの後ずっと昏睡してたのに噴きました。
ビミョーに生きてたんだね……。

2007.06.20 19:00 | ヨタ話 | トラックバック(1) | コメント(0) |

あの日に帰りたい

突然ですが、ちょっと痩せました。
うわーい\(´□`)/
あと12キロ痩せたら水着着る。
どんだけー?


さて、つまらん事はさておき、昨日は昔の事を思い出してしまい、うじうじしていました。
事の発端は、件のBさんの電撃結婚発表。
お相手は一人っ子ですが、向こうの親に同居を拒否られたとかなんとか……いや、詳しくは知りませんが。
店長(独身)と私(独身)は顔を見合わせ、黙ってそっと微笑みました。
ツッコミ所は多々ありますが、ノーコメントということで(笑)

身の回りの独身率が異常に高いためあまり意識していませんでしたが、もうそんな年齢なのだなぁ……と思ってしまったら、昔の事を思い出してしまいました。
その昔、まだ『ぴちぴちのじょしだいせい』だった頃、通っていた道場にちょっと若者に説教するのが好きなおじさまがおったのです。
イイ人なんだけど、やたら説教したがる人……たまにいるよね(笑)
学生をよく可愛がってくださっていたのですが、ある日、その人にラーメン食べに連れてっていただきました(勿論他意は無い)。
別に気まずくはないんですが、二人きりで正直何とも言えず妙なシチュエーション。
そしたら、その方は唐突に
「社会に出たら、美人なのに何故かなかなか結婚しない人はたくさんいるからね…」
と諭し始めました。
……どういう意味だ……orz
別に彼氏ができないとか相談した訳じゃないのに、何も無い時に慰められるとこんなにヘコむなんて初めて知りましたよ?
今になってその言葉がひどく身に染みます。
今ならわかる。
でも、当時からそんな事を予見されていたことが切ない(T_T)
……Tさん、どんだけ後輩をヘコませたら気が済むんですか。
どんだけー?

その道場の先生もまたフシギな発言をされる方で、ある日髪を少し明るくして行ったら、
「……急いで大人にならなくてもいいんだよ?」
と切なげに言われた21の夏。
いや、そんな事言われても……。
また、ある時は稽古前に正座していたSさんに
「なんか大きくなった?」
と。
遠回しに太ったか聞いたのかもしれないけど、一体何と答えれば良いんですかorz
そんなこんなでしたが、毎日が精一杯だったあの頃にもう一度戻りたくなってきました。

2007.06.20 15:04 | 日常 | トラックバック(0) | コメント(0) |

カルチャーショック

母とテレビを見ていたら、母が
「『漢』って『オトコ』って読むんだねぇ!」
と驚いていた事に、私が驚いた。
グローバルスタンダードだと思ってたよ……orz
「じゃあ、漢の国って男の国?」
と聞かれましたが、そんな事知りませんよ。
なんか暑苦しい国っぽいです。

2007.06.20 14:21 | 日常 | トラックバック(0) | コメント(0) |

こまったこまった

最近、ちょっと店の人間関係に不穏な空気が。
なんつーかね、やっぱり天然Bさんがらみ。
まあ、天然っていうか世間知らずっていうか……いわゆる『ぽんこつ』系というか(超失礼)
だって、この前電車で研修行ったら、行きは同行したKさんに頼りっきりだったため、帰りに一人で駅(徒歩5分)まで行けないとかマネージャーにのたまったらしい。
……一人で帰るって解ってるなら道くらい見とこうよ(T_T)
ちなみに、27歳。
彼女を見ていると心配になるのと同時に、真面目に考えながら生きるのが馬鹿らしくなります(´Д`)

で、何が問題かって言うと今のパートの構成が二年生の私と新人三人なんですが、Bさん以外の二人がやたらとしっかりしているため、二人がちょっとイラっと来てる。
まあ、私も忙しい頃はそうだった……(遠い目)。
特に、最近入った32歳のKさん。
元々真っ当に勤めてきた(うちもマトモなとこだけど)人なので、とてもしっかり者なんですが、それだけにやっぱり多少納得行かないらしい。
そして、困った事にBさんは彼女にちょっとだけ先輩ぶってみたり(……間違ってはないが)、そのくせ彼女に超基本の事を質問したりするらしい。
あー……ウザいだろうな、それは(-.-;)
Bさんへのマネージャーのお説教も、既に半分は人生についてだし。

いつまでも無邪気で純真である事はある種美徳かもしれないけど、その影で自らの手を汚してくれる存在を持たないのなら、それはただの悪徳になってしまうのです。
例えばオスカルにアンドレがいたように。
例えばエドガーがマリーベルを守っていたように。
彼女は果たして気付くのでしょうか。
私はアンドレにもエドガーにもなれませんので、むしろアランでよろしく。

2007.06.16 23:04 | 日常 | トラックバック(0) | コメント(0) |

大興奮

今日は宝塚で雪組公演『エリザベート』を観てきました。

スゴかったです。
もう、ホントスゴかった。
死んでもいいです。
いや、困るけど。
でも、連れてって下さい、みたいな。
…トート様に拒否られそうですが。
要らん、って。

アホ丸出しの感想はともかく、実際凄かったんです。
二幕構成で歌アリ踊りアリの二時間。
大人数の場面も多く、見た目も派手でゴージャス。訳が解らなくても充分楽しめますが、ミュージカルに慣れてない人には辛いかも?
私は2回目なので何とか付いていけました。
ストーリーは予習必須。
まあ、全部フランツさんのヘタレっぷりが良くないんだと思います(笑)
ヘタレといえば、コレ、オーストリアとハンガリーの話なのでどうしてもこの辺を思い出してしまいました。『ヘタリア』大好きなんですが、ここのハンガリー嬢はいかんせんちょっとアレな気があるので、この話の予習には向きません。

裁判のトコで出てくるカクカク動く白いコロス?みたいのがKATHYのようで素敵です。
黒天使もいいんですが、もろにヴィジュアル系なので、昔見た14帝國を思い出してしまいます。
トート様は最初のごてっとした黒マントもいいですが、ラストの白服もいいですね。軍服もいいですね。エピローグも……って、結局何でもカッコイイんデスヨ(´3`)
あまりチャラチャラした方ではないので、ラブストーリーでありながらも糖度は控え目な作り。
あの方の愛はなかなかに辛口で、この微妙な歪みっぷりが大変に素敵です。

今日は運良く下手側の一番端でしたが、10列目だったのですごく良く見えました。
くねくねとエロいルイジもガン見できました。ヒゲがなんだかやらしい(笑)
あと、今日はたまたま『かつみ・さゆり』のさゆりがSPみたいなゴツい人連れて一人で来てました。
さすが芸能人だけあって、すっごい美人でめっさ細い!
二幕冒頭でルイジが美女の写真を撮る場面があるのですが、アドリブでさゆりさんの持ちネタ(「ぼよよ~ん!」)を披露して撮影の許可を求めると、彼女もアドリブで「ぼよよ~ん!」と応えてくれて、当のルイジも驚いてました。会場も大盛り上がり。
サービスいいなぁ…。
握手なんかにも笑顔で応じてたし、ちょっと彼女の好感度アップです。

帰りはバスツアー恒例の色紙プレゼントで危うくまた当てそうになりましたが、さすがに今回は無理でした。
こういう時のコツはやっぱ『無心』やね。
明日からまた仕事です。
節約生活がんばるぞー。おー(´Д`)/

2007.06.15 19:19 | 日常 | トラックバック(0) | コメント(0) |

旅はマタタビ

ラッピング研修で大阪行ってきました。
前日も休みが取れたので、母と観光。
NGKで吉本見てきましたよ。
チケットが安い割に芸人7~8組+新喜劇1本とすごいお買い得感。
ヅカにしてもそうですが、関西はホントに商売が上手いです。
某ネズミ園みたいに足元を見るのではなく、納得させて金を落とさせるというか。ねえ、マンカ●トラップ?(まだ言うか)いや、あの演劇集団は素直に凄いと思いますよ?
そこまでお笑い大好きっ子(たまにいるよな、詳しい友達)ではないので若手はイマイチよく解らないのですが、運が良かったのかそういうモノなのか知らないけど中川家やブラマヨ、オール阪神巨人、桂小枝…とメジャーな芸人も見られてすごく楽しかったです☆
中川家はスキなんですが、昨日は残念ながら不発気味。
下ネタとハゲネタばかりでしたが、ブラマヨの方が面白かった。
しかし、やっぱり阪神巨人が一番でした。あまり見た事無いし、造詣も深くないので物凄い実力派という世間の評価が今までよく解らなかったのですが、実際に見ると素人でもよく判りました。何と言うか、名人芸です。
新喜劇は、何か脚本が微妙でした(笑)
テレビでやってるやつみたいにストーリーがすっきり終わらなかったし、オチが読めた。
しかし、何でわかりきってるのに(島木譲二の登場とか井上竜男の居眠りとか)いつも笑ってしまうのか。
持ち芸と言えば、弟は安尾信之助のファンです(笑)
「お邪魔しますか?」
「これだけははっきり言っとくで!……ムニャムニャ…」
の人。
お土産にグッズを探しましたが、見つかりませんでした。微妙なマニアックさだからな…(-.-;)
全体的に大変アホらしかったですが、楽しかったです。
帰りに食べた千房のお好み焼きも美味しかったー♪もちろんタコ焼きも食べました。
ビジネスホテルに泊まったので、夜も一人でタコ焼き。ビジネスホテルは一人旅と同じくらいワクワクします。
誰かと一緒もいいけど、一人旅も大好きなんです。

夜、日本橋を徘徊しようかとも思いましたが止めました。寝てた。
あれだけ消耗したとか言ってた癖に懲りてません。恐ろしい子……!!嘘です。馬鹿なだけです。
二日目はラッピング研修。
アンケートでユニオンに対する熱い想いをぶつけてきました。
労働組合がヘタレてるとろくな事にならないのは経験で知っていますから(笑)準社員でもソコは大切よー!サー残許さなーい!
夕方はかつての部活仲間のYちゃんと飲茶でご飯☆
ちうかすきすきー(>_<)かゆ、うま。
大阪駅で迷いに迷い、大阪在住のYちゃんがいなかったら危うく荷物と永遠に再会できないとこでしたよ。
関係ないけど、大阪駅で見たドコモの広告(青じゃなくて赤いやつ)の妻夫木青年が妙にカッコよく見えました。なんか、ヒーロー系です。
結局無駄に買い物して貧しくなって帰ってきました。あと25日間、謹慎決定です。

2007.06.14 18:52 | 旅日記 | トラックバック(0) | コメント(0) |

The Legend Of ………

『なるトモ』見てたら、元レディース(35歳)が依頼されてカツアゲの仕返しに行ったが人違いだった…というニュースがあった。
依頼する奴もちゃんと下調べしろよ(笑)
どうも、かつて関東を拳一つでまとめ上げたという伝説の『日本一喧嘩の強い女』らしい。
……そんな漫画みたいなヒト、いるんだね……。『GTO』みたいだ。

2007.06.14 10:46 | 日常 | トラックバック(0) | コメント(0) |

ネコミミではありませんでしたが、何か?

久々に早番だったので、本屋で絵本を立ち読みしました。
アニメ絵の世界名作シリーズなんですが、意外に好きです。原画?が話毎に全く違うため、絵的な好き嫌いはありますが。
特に金太郎とか、キッツいです(笑)坂田金時少年。銀時ではないのよー
……コレ、どう見ても『きれいなジャイアン』ですよ?
平安顔の頼光四天王に一人こんなヒト混ざってたらヤだなぁ……確かに正義感は強そうですが、確実にイマイチモテないタイプです。

で、今日読んだのは『はなよめになったねこ』。
もう、タイトルでヲトメ心がギュンギュン反応してました。いわゆる異種婚姻譚ってヤツですね。やー、実にいいじゃないですか。AT番号はいくつでしょうか。
まあ、アッチのアレでもその手の話はごろごろしてそうですが。大きいおともだちはネコさんのお耳が大好きですからね☆

そんなしょっぱいお話はさておき、件の話なのですが、これがまた実に切ない。
内容を簡潔にまとめると
●野良猫(メス)がピアニストの青年に一目惚れ。青年もよく見るそのぬこを可愛がる。
●青年が病気になるが、猫の身では何も出来ず悲嘆にくれるぬこ。
●そこへすかさず女神様登場。「人間にしてあげるので、ちゃんと家事とかもやるんですよ?」とお約束。ぬこ、美少女に。
●青年に薬を届けて看病するぬこ。青年もぬこに惚れたため即結婚。
●でも中身はどーぶつなので、家事をしないぬこ。お約束を思い出して一念発起するが、お約束通りのドジっ子パターン。終いには青年のオルガンを破壊して逃亡。
●ぬこ、挫折。女神様に猫に戻してもらう。
●青年にお詫びをしようとするが、所詮猫なので何も出来ずヘコむぬこ。仕方なく花を持っていくと、やはりヘコんでいた青年が久々に再会したぬこを昔のように可愛がってくれた。
●青年とぬこは幸せに暮らしましたとさ。めでたしめでたし。


めでたくねぇー!!



幸せは幸せだけど、結ばれてないよ!?
愛だけでは種族の垣根は越えられないと証明してどうすんだよ!甘い考えは捨てろという事なのか?
『ご主人様♪』とか呼ばれてみたり、拾った捨て猫が翌日美少女に…とか、そんな煩悩は一切無いのに!?マジでプラトニックなんだぜ!!
…まあ、青年がぬこ一筋で女には目もくれなかったら純愛物語として成立するけど、そんな倒錯した愛のカタチを絵本で語られても困るかも。
ちなみに、オルガン破壊事件のきっかけを作ったのは、ぬこを試しに来た女神様です。
女神様、厳しいよ……orz
あと、シリーズにはラインナップされてませんが、『小人の王子』という外国の昔話も相当にしょっぱい話です。
幼い子供さん方は気に入らない事があったら泣いてばかりいないで、これらの話を熟読して世の中の世知辛さを学んで下さい。
世の中には、泣いたってどうにもならない事が実にたくさんありますから。

2007.06.13 03:18 | ヨタ話 | トラックバック(0) | コメント(0) |

過不足アリ

すいみんすいみん……睡眠不足っ♪
という歌の如く、今日はさっぱり頭が働きません。
夕方なのに眠い………むしろ寝過ぎたような感じ。
多分、昨日の探検のせいだと思われます。
私はヲタですが、引きこもり系なのでヲタの殿堂みたいなとこ行くとすごく消耗するのです。
よって、電気街の探索は毒の沼で宝を探すようなもんで。
収穫はかなりありましたが、未だ回復できない程のダメージを受けたみたいです。

2007.06.11 18:55 | 日常 | トラックバック(0) | コメント(0) |

任務完了……自爆します。

と、いう訳でおがきちか先生のサイン会に行ってきたのです。
先生はすごく細いかわいらしい人でした。
で、ちっちゃくフレデリカ描いてもらっちゃいましたの♪うひひ(>_<)

More ...

2007.06.11 02:36 | 感想 | トラックバック(1) | コメント(0) |

闖入しますた

サイン会に闖入成功。
気分はスネーク。弱い。
折角なので、ナオルたんにお土産を買っていこうと思う。もちろんイタいのね(笑)
サミットでの研究用にピッタリなブツも手に入れましたし、あとは頑張って探検に行ってきます。
にしてもアレやね。
とらのあなの袋はロゴが割合小さくて、すげぇ厚手なのが『餅は餅屋』って感じでウケました。
何気にサービスいいよな。
サービス業として見習わねばならんなぁ…と。
もう、隠れヲタへの対応がいいわ(笑)
カモフラージュ用のブックカバーとか。

2007.06.10 13:57 | 日常 | トラックバック(0) | コメント(2) |

こわくてたまらない

……という話を昔、まだ野菜子だった頃に書いた事を思い出した。
何かある度に玉鉄の
「逆境だ……!!」
という呟きが聞こえてくる気がした(笑)
今、面白い位同じ気持ち。
立場も同じ。繰上当選サブチーフ(またかよ)。
仕事に行くのが恐くてたまらない。
行ってみればどうってコト無いんだけどね。
上司に怒られるのが恐くてたまらない。
会ってみれば大して言われないんだけどね。
でも、それを知ってるだけ昔より恐くない。
…………気がする。

あと、ストレスのせいか2キロくらい痩せた。
人間、適度な緊張感ってのは必要だと実感した。

2007.06.09 00:16 | 日常 | トラックバック(0) | コメント(0) |

時間泥棒を追ってモモ太郎は竜宮城へ…

件のGBA『マリーとエリー』が届きました。

………ヤバい、これ(笑)

充分に元取れるよ、多分。
ストーリー的には『エリー』の続編だけあって、プレイ感覚は『エリー』に近いです。
『エリー』にハマった事がある人は確実にダメ人間に追い込まれる(笑)開始20分で身の危険を感じて、本気で戦慄しましたよ。
これ、危ない。絶対。
やっぱりドンケルハイトが採れたり、アトリエ経験者なら最初からそれなりに解ると思います。
しかも、ケントニスまで行ける上に新たな国まで……!!
一体何処にそんな容量が!?セーブも3つあるし。マジすげぇ!!!
時代も進んだものです。彼の有名な『聖闘士聖矢 黄金伝説』に換算すると一体何本分に相当してしまうのか。
声が出なかったり一枚絵が少なかったりする所で削ってるのでしょうが、元々キャラ萌えはおまけみたいなもんなので問題無し。
最初から最強装備なので、武術大会がないのもノープロブレム。杖とフラグ立てる為だけのもんだしね。恐らくボス戦も削られてるけど、むしろラクなので良いです。
イベントも少ないのかも知れませんが、こんだけ頑張ってたら、もしEDが3つとかでも私は怒らないです。

しかし、コレ終わるとマリーの年が凄い事になることに気付きました。
19歳(18?)から5年間(『マリー』本編)
→1年?(放浪中にエリー助ける)
→25歳?から5~7年(『エリー』本編)
→さらに5年間(『エリーとマリー』本編)
少なく見積もっても18歳+15年…。
最大だと……36歳(『エリーとマリー』終了時)!?
とんでもない事になってきましたよ?そりゃ主人公も交代するさ。
かつて36歳独身女が主人公のRPG(公称)などあったでしょうか?しかも非世界危機系で。
カミサマとか封印されてた太古の…とかならあるかも知れませんが、とりあえずリアルに年齢を感じてしまうヒロインは他に思い付きません。
『大人の女性でRPG』といえば『ペルソナ罰』がありますが、アレも実は30代はパオフゥ位だし。
何かもう、色んな点で凄いソフトです。
この手のSLG(しつこいけど公称はRPG)が好きな人はぜひとも入手手段を探すべきです。
あ、RPGですが『殺してでも奪い取る』はダメですよ?

2007.06.08 03:54 | ゲーム | トラックバック(0) | コメント(0) |

海の食欲魔神ですから

こんにちは、釣りキチ三平です☆

………………うそです。すんません。
昨日ナオルちゃんに借りた『どうぶつの森』で、早速リアル釣りバカ生活を満喫しています。
いや、リアルなのか、コレ?
魚の釣り方を理解するまでは虫狩りで荒稼ぎしてました。
デカい虫はいねぇがー!!みたいな。
なまはげ気分。
ゴ(以下略)も捕れましたが、普通に野外の木に止まっているのはいかがかと思います。まあ、家にいてもヤだけど……。
折角ですので、虫嫌いの学芸員のいる博物館に寄贈して差し上げましたよ☆
かわいがってあげてください。
何かこうやって動物採集に走り回っていると、『リンダキューブ』を思い出します。
たくさんのキュートなどうぶつ達に、心にキュンと来るハートフルストーリィでオススメのゲーム(笑)
とりあえず、私は本当に好きですよ?アレ。動物解体してウ●コ取り出すトコとかさ(´□`)枡田さんのゲーム、楽しいよなぁ……ホント。

近所のヴォシヤノフ氏(オス・筋肉バカ)が
「なんかカッコイイ挨拶考えてくれよ」
などとのたまったので、
『オッス!!オラご●う』
はどう?と提案しておきました。
『トレンディー過ぎるけど採用』だそうです。そりゃどうも。

たぬきちさんが店を改装する間、部屋が魚で埋まっています…。
早く改装してくれないと部屋に入れません(´□`)

2007.06.07 10:07 | ゲーム | トラックバック(0) | コメント(0) |

君の瞳に乾杯…

20070606021428
「君の瞳は美しい……
君の瞳を見ていると、吸い込まれてしまいそうだ」

「いつもそう言って口説くんでしょう?」
「君の瞳の牢獄だけからは、逃れられそうに無いな」


テメェは一生臭い飯喰ってろ!!



はい、素面のちもるさんですよー(´□`)
今日は新居に引っ越したナオルたんのおうちに遊びに行って来たんだ☆
仕事探しの相談に乗りに行ったハズなのに、お好み焼きご馳走になってただ爆笑して帰ってきたヨ(^_-)-☆
……何しに行ったんだか。
テレビのチャンネルザッピングしてたら、某占い師を見た瞬間
「鈴木その子!!」
と叫んだ彼女に思わず脊髄反射で
「チガウヨ!?」
と突っ込んでしまいました。
解らなくはないが、違う。間違ってる。

彼女の部屋には無駄にムーディーなスポットライトが標準装備されており、無駄にムーディーなジャズCDまで持っていやがりましたので、勢いでこんな画像を撮ってしまいました。
…………中身は壮健美茶デス。
「あ、男っぽい指輪あるよ!コレいけるって!」
「ブレスレット!なんか女って感じのブレス無い!?」
等とアホな遊びに全力を傾ける成人女性二人。
アホの子でごめんなさい。
で、互いにブログにアップしてクサい(イタい…)台詞を付ける宿題を課したのが今までのあらすじ。
ちなみに、冒頭の男の台詞のみ小4の時に同級生の男子が作った詩から引用させていただいております。(C)N君。
医者の息子だった彼がその後どんなプレイボーイに大成したかは知る術もありませんが、全く末恐ろしい才能の片鱗を見てしまったものです。
『ひとみ』と題され、イル●ナティのマークみたいな眼のイラストが添えられたその詩が、クラスに小さな波紋を呼び起こした事は想像に難くないでしょう(笑)

結局日が変わるまで居座り、しょうもないお絵かき合戦を繰り広げた後帰りました。
次は泊まりでもっとしょうもない事をする予定ですので、請うご期待!みたいな。

2007.06.06 02:14 | 日常 | トラックバック(0) | コメント(2) |

者共、勝鬨の声を上げよ!…のアトリエ

昨日、無事にGBAマリーとエリーの廉価版を落札してきました。
最後はやっぱり多少競り合ったせいで結局¥5000に(笑)
新品とはいえ、廉価版だから約二倍………まあ、無印落としたと思えば(T_T)酷いときは一万以上になってますし(ありえねぇ!!)、新作一本分なのでこんなもんでしょう。
にしても、携帯機なのにロットアップは早いし(PC並!)廉価版は品薄だし、新作はバグあるしでどうにかならんのでしょうかね、アトリエ携帯機版。やる気あんの、メーカーさん?
WS版なら手に入るけど、本体が絶滅種だしねー(´~`;)
今回の勝因は予め予算を決めていたことですが、自動入札をうまく使えばもっと安く手に入った気もします。
例えば三千円台のトコで自動入札に一万円で入力するとか。もっとも、同じ商品が複数出てる場合ですが、それでも噛み付いてくる相手がいれば降りればいいし。
まだまだ研究の余地はありそうです。
今度はちょっと頑張ってパパラチアサファイア競り落としてみようかなぁ…(´ー`)

2007.06.04 17:53 | 日常 | トラックバック(0) | コメント(0) |

地下帝国の遺産

地下帝国といえばチューブですが。
そんなのはともかく、Wikiペディアを見てたらGG魔道後期のメインイラストをやってたあのねこにゃんさんがエロゲンガーに華麗に転身されていた事に今頃気付きました。
前から同姓同名?(姓も何も無いが)とか思ってたらご本人だったようで。いやー。
まぁ、地下版の頃からパンチラとか無意味にスクール水着とか描いてたしなぁ(笑)三大(何故か絵がえっちくなる)巨匠でしたっけ?
「ういうい」でヘソ出して吊るされるア●ルに頬擦りするサ●ン様なんか、あの健康的な絵柄じゃなければ完全にヘンタイ様だ。(健康的でも十分……)
毒まつにしろ、「アル●ちん」シリーズにしろ(神だった)、地下版は立派な腐女子と成り果てた私の人格形成に大きな影響を与えてしまった事は紛れも無い事実ですが、痛すぎる晩年を辿ったあの会社が遺した物が大きかったのもまた事実です。
落ちモノというジャンルに、沢山の著名なクリエーター達…。
例えば最近では、みんな大好きな白い吸血鬼の姫を描いたあの有名絵師。
両々サンと同期らしいので、多分97か96式だと思いますが、95式では戸部センセイ、エナミセンセイ、唖采センセイと大物揃いで(今にして思えば)大豊作でした。
何だか懐かしくなってきましたが、地下版も保存してあるし、『灼熱のファイヤーダンス』のCDもありますし、何よりGGが現役なので、いつでも思い出に浸ることができますネ☆
そっと滅びてしまったア●キの冥福を祈りながら、過去の栄光を振り返ってみることにします。
やっぱり『ぷ●まん』の辺りから怪しくな(以下略)


追記:あと、「せらだま子がスキだったのー♪」なんて女子がうっかりむらさき先生の名前でググッたりしたら、エラい事(多分絶望)になってしまう罠が仕掛けられていましたとさ。
パーティーに盗賊がいても回避不可な罠ですので気を付けろ!(ジオコン……)

2007.06.04 03:01 | ヨタ話 | トラックバック(0) | コメント(0) |

紫紺の美獣

レジにいらっしゃったふくよかな体型の中年女性が、
『BEAST』
とだけプリントされた紫色のTシャツをお召しになっていた。

ただ、それだけだった。
その状況を構成していた各々の事象には何の関係性も意図も無かったのに、何故か導き出されたのはたった一つの事実。
様々な偶然が織り成した奇跡に、私は、笑いを堪えていた…。

2007.06.04 02:16 | ヨタ話 | トラックバック(0) | コメント(0) |

さらぬわかれになみだする

遂にこの日が来てしまったのです。
それはいつか訪れるかもしれなくて、訪れないかもしれなかった。
知っていながら、知らぬふりをしていたのです。
私達の関係はそのような危うさの上に成り立つ、千切れかけた糸のようなものでした。

サル(キンダイチ営業部長)が

売れてしまいました

orz

感じの良いカップルがプレゼントに買っていったのです。
そっと撫でてからラッピングして送り出す間、切なくてたまりませんでした。
せめて最後に見送ることが出来て良かった。
どうか、どうか幸せに……たくさん愛してもらえますように…………バイバイ、部長。

最近、立て続けに色々失敗したりして怒られてます。
怒られるという程の事でもないんだろうけど、怒られる事に慣れていないため極端に精神面が弱いのでものすごくヘコみます。
もう6月になってしまったので、社員になるための教育として、ちょこっと厳しくされ始めたみたいです。
一年以上ぬるま湯に浸かっていたから忘れていましたが、あの頃もこんな風に毎日緊張していた事を思い出しました。恐くてたまりませんでした。
きっと正社員として働くってそういう事です。
何が正しいかじゃなくて、何になるか、って事が問題だったのです。

さて、そんなこんなで色々あった仕事帰り。
たまたまかけていた椎名林檎の昔のアルバムから流れて来た『同じ街』を聴いたら、もうどうしようもなく切なくなって泣けてきました。
明けない夜は無いのです。故に、夜は明けてしまうのです。
こんなに歌にシンクロして泣きそうになるのは、お盆過ぎにブルーハーツ聴いて以来かもしんない。
一昨日うっかり軽く鬱系の泣きゲーをやってしまったため、なんかもうここ最近ずっと落ちてます。
バカなので、昨夜は夜更かしして切ない系のラブストーリーまで読んでしまいました。
こうなったらむしろ落ちる所まで落ちたくなってきたので、今夜は秘蔵の泣きゲーをインストールして「生まれて来てごめんなさい」くらいの気分にでも浸ってきます。

2007.06.02 23:20 | 日常 | トラックバック(0) | コメント(0) |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。