FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

遠い日のうた

今日は休みだったので、まったりと再放送のサスペンスを鑑賞。
若い女性の髪形から、バブル前後の制作と思われます。
パーマをかけて上げ、うっすらとすだれにした前髪に黒々としたロングのアレ。
町中が黒髪って、そんな時代もあったんだよなぁ……(´□`)
誘拐事件ものだったんですが、逆探知する警察の黒電話がまた懐かしい(笑)

しかもそのシーンの会話が
ベテラン刑事「何だ、この声は!?」
若い刑事「ヘリウムガスですよ」
ベテラン「ヘリウムガス?」
若い刑事「今時どこにでも売ってますよ(呆れ気味)」


売ってたね(笑)
時代は一回転して、もう何処にもありません。ハンズかドンキならあるかもな。
ってゆーか、ボイスチェンジャー無いんだ……(⊃Д`)゜。
スポンサーサイト

2006.11.30 14:02 | テレビっ子 | トラックバック(0) | コメント(0) |

夢日記

今朝の夢は久々のアクション大作でした。

猟奇殺人事件が起きる。
犯人は3人の能力者の子供達で、リーダー格の少年と、幼なじみの姉弟。
捜査に乗り出した警察の中には、幼い頃から3人の面倒を見ていた姉弟の兄がいた。
3人の真の狙いはこの兄で、彼が残した腕の感触を消すために兄を殺すのが目的だった。
(注:兄はよく子供達の腕を舐めていたらしく、その不快感を根に持っていたらしい(笑)
パパにおヒゲをジョリジョリされていやーん…みたいな。
何、その設定?)

子供達の目的に気付いた兄。
実は彼もまた能力者で、
(注:何か超能力とか魔法とかそんな感じの人種のようだ。有りがち)
子供達の追撃をかわしながら彼等の罪を揉み消す為暗躍していた。
兄の愛に気付いた子供達は、兄の殺害を思い直す。
兄は子供達の為警察をほぼ全員能力で消す。

全てを知った警察の生き残りと共に、子供達と兄は現場を去るが、謎の男の銃撃を受ける。
兄は撃たれ、少年と姉弟は散り散りに逃げる。
謎の男の標的は能力者達だった。
(注:ありがちな新展開)
異常な速さで迫る追跡者から辛うじて逃れた姉弟だが、
(注:縮地とか瞬間移動みたいな感じで迫って来る。怖っ!?)
現場が爆発するのを見てしまう。
兄や少年を探しに絶望の中現場へ戻る二人。地下室に入ると、昔から隠れ住んでいたという祖先に案内されて、地下基地へ。
(注:能力者の隠れ里みたいなもんらしい。
新キャラ『祖先』は戦隊ヒーローみたいなスーツに、工事用みたいなメット姿。
すごくダサい)

……というトコで目が覚めた。
いい引きだが、どうやって続きを観ろと?
ダサいメットの下が気になる…。

2006.11.28 14:19 | 日常 | トラックバック(0) | コメント(0) |

彼の女はいつもの様に優雅に現れて

今日もいつもの在る常連さんが現れました。
其の人は何時もピンクハウス系の服を着てゐます。
髪形は無造作で、眼鏡をした顔は潔い程のナチュラルメイク。
…っていうか、限りなくすっぴんに近い。
ハリセンボンの細い方に似てゐる気がする。
幸い白や薄桃などの清楚な色を好んでらっしゃる様なのですが、それでも私は其の人を拝見する度にいたたまれない気持ちで眼を反らして仕舞うのです。

今日はレースで縁取られた、ハート型のキルトの手提げをお持ちでした。
…………直視出来ませんでした。
『ビバ!山田バーバラ』の「頑張る方向を間違えた大場さん」に大変似てゐる事に気が付きました。

何と言うか、
『着たいものと似合うものが違う不幸』
って世の中には往々にして在りますよね。
とりあえずピンクハウス系を着る時はショップ店員以外、出来れば信頼できる友人に一言相談すべきでは無いかと考えるのであります。

2006.11.25 01:42 | 仕事 | トラックバック(0) | コメント(0) |

サーチされてみる。

『可児才蔵萌え』
で飛んで来たヤツ誰だこのヤロウ!?



………友達になろうぜ(笑)
サムハラサムハラ☆
今度一緒に味噌乗せに行きましょう。

2006.11.21 04:19 | ヨタ話 | トラックバック(0) | コメント(0) |

謎めく赤毛の男とその準備運動について

『ドナルド体操』のドナルドはやたらとダルそうですが、CMで見る彼より微妙に綺麗な顔をしていると思うのは単なる気の迷いだと信じたいのです。
まあ、真剣な表情でもあのタラコ唇(?)のせいでどうしてもそう見えないのが彼の不幸。

正直あの微妙な体操をする位なら、ストレッチマンに師事した方がいいような気がします。
彼となら、きっともっと楽しく体操できるに違いありません。
…謎の膨らみとか全裸疑惑にドキドキしながら。

2006.11.19 13:13 | ヨタ話 | トラックバック(0) | コメント(0) |

立ち上がれ!解放軍!!

遂に労基署が動いたようです。
某社に何となく敗北を迎えてから5ヵ月……今度こそ革命が起きればいいのに、と内心すごく興奮中。
オラ、ワクワクしてきたぞ!!
こうやっていつも革命が起こりそうになる度にごまかされてきたけれど、そろそろ本当に革命されるべきです。
あそこは、淀んで歪んで澱の様に堆積した負の感情の量が明らかに異常なのです。
そろそろ事が起きるような気がします。
所詮田舎の中小企業の分際で……ッ!!
(↑負の感情)

2006.11.19 02:13 | ムシ戦記 | トラックバック(0) | コメント(0) |

マイブーム

今更ですが、『結界師』読み始めました。
面白いです。
良守がものっそ可愛いんです!
好きな子に弱みを見せまいと頑張ってみたり、頼りにされて舞い上がってみたり、意識しちゃってドキドキしてみたり。
いつもならクールで最強なシブい兄貴に転ぶところですが、今回は少年一直線。
こんな腐女子的な読み方をするようになってしまったのが少し悲しいですが、やっぱり可愛い………。
二昔前のお姉さんたちが堺数馬少年を愛していた訳がわかる気がします(笑)

2006.11.18 23:49 | 漫画 | トラックバック(0) | コメント(0) |

アキストゼネコって何さ?

先日、タワーレコードに行ったら見覚えのある単語を発見。

『アキストゼネコ』

懐かしい!?
アーティスト名や曲名は全く知らないものでしたが、この意味不明な単語が偶然一致するはずもないので、彼の迷曲『アキストゼネコ』と何らかの関係があるものと思われます。

噂の電波ソング『テトペッテンソン』と時期を同じくしてみんなのうたで放送されていたパラパラ調の曲。
引っ越したばかりで友達もなく、一人踊り狂っていたあの頃(笑)
♪紫式部もマリリンも~ 恋の女だったんだってさ~
レンタルでシングルを置いていた近所の某書店が焼失した今となっては、もう聞くことも出来ないのです。

ただ、気になるのはタワーレコードで見た謎のCDと「みんなのうた」のアレとでは『アキストゼネコ』の意味が微妙に違うようです。
『アキストゼネコ』っていうのはつまるところ、調味料の『さしすせそ』みたいなもんで、
ア…愛しちゃう
キ…キスしちゃう
ス…好き
ト…友達
ゼ…絶交
ネ…熱烈
コ…恋人

の意なのです(みんなのうた版)。
謎の多い歌で、アーティスト名も確か『アキストゼニコ』。声からすると若い女性?
一体何なんだ……アキストゼネコ。

More ...

2006.11.16 00:34 | 日常 | トラックバック(0) | コメント(0) |

そんな愛のカタチ

筋肉少女帯のベスト盤を買いました。
ちょこっと興味があったので、とりあえずベスト盤。
で、『香菜、頭を良くしてあげよう』を聞いて、すごく切なくなりました。
色んな意味で、なんだコレ?(笑)
あと、プリメの正しいプレイスタイルについて考え直してみたりした。

香菜、君の頭を僕が良くしてあげよう
生きることに君が怯えぬように

いつか恋も終わりが来るのだから
一人ででも生きていけるように


妙に明るいイントロと脱力するようなタイトルとは裏腹に、
切なげなサビのメロディと歌詞が泣けてきます。
ええ、娘さんと××しちゃうだけが愛じゃないんですよ(⊃Д`)゜。(まだ言うか)
おバカな彼女は俺が一生守るぜ!と言い切れないところが切ない……………。

『サーチライト』は男女混成合唱の不気味さがどっかのアニメ映画とかを思わせます。
『ウテナ』みたいなん。
アナーキーな教師辺りが中学生に合唱させたら楽しいだろうなぁ…と思う。
音楽発表会、ドン引き(笑)

2006.11.14 17:20 | 感想 | トラックバック(0) | コメント(0) |

母からの手紙

先に通夜に行った母にメールで何か要るモノあるか聞くと、
「入れ歯持って来て」
との答えが。
……脱力感に見舞われた(´Д`)

あと、携帯の充電器も頼まれたので普段使ってるホルダー取って持って行ったら「これ自分のじゃない」と否定される。
……同じなんだよ……?

2006.11.12 20:40 | 日常 | トラックバック(0) | コメント(0) |

乙女的休日論

<乙女的休日の過ごし方>
◆お気に入りの店で服を買う
◆お気に入りのカフェでカプチーノ等を頼んで、持ち込んだ文庫本
(ミステリーは可だがライトノベルは不可)を読み耽る
◆天気のいい日は一人で散歩に出掛けて季節外れのタンポポの綿毛を飛ばす
◆お菓子を作り(出来れば焼き菓子、和菓子は△)、
出来の良さに満足してお菓子屋さんを開く妄想に耽る
……など。
何だかフェリシモのカタログに載ってそうなライフスタイルだな(笑)
ええ、フェリシモ大好きです。高いけど。

2006.11.12 17:54 | 日常 | トラックバック(0) | コメント(0) |

私にかけられた甘辛い呪縛

今夜は大叔母の通夜です。
何故か阿呆みたいに忙しかった店を早めに上がらせてもらい、出掛ける前にちょっとコンビニへ。
『蒲焼きさん太郎』を買いました。
私はこれが大好きなのですが、亡くなった大叔母とは切っても切れない思い出のある駄菓子なのです。

私と弟は孫たちの中で一番ちびっ子だったためよく可愛がってもらっていたのですが、遊びに行く度に大叔母は『蒲焼きさん太郎』をくれました。幼心に
「なんかこの家はいつも蒲焼きさん太郎があるなぁ…おばちゃん(大叔母)、好きなのかなぁ??」
程度にしか思っていなかったのですが、今にして思えば私たちが来るのに備えて買い置きしてくれていたのでしょう。戸棚には常に箱買い。目の不自由な大叔母は誰かに買ってきてもらっていたのでしょうが、あの微妙に渋いチョイスは一体誰の勧めだったのか。

斯くして、私の中で『蒲焼きさん太郎』は特別な駄菓子という地味に強力なポジションを獲得したのでありました……。
なんか●ェルタースオリジナルみてぇ(笑)私も孫に配らなくちゃいかんのか?
きっとこれからも私はいい年こいて10円の駄菓子を買う事を止めないのでしょう。
そして、ベタつくあのたらシートを噛み締める度大叔母の事を思い出すのです。

2006.11.12 17:42 | 日常 | トラックバック(0) | コメント(0) |

大叔母が死んだ日

人が死ぬって、当然ながらもう会えないって事なんだけど、
私はそんな当然の事を実はまだよく理解できていないんだと思う。
だけど、こうやって生き物が一つずついなくなっていくんだなぁ、と思った。
老人が死んだ。
ごく当たり前の事なんだけれどもさ。

2006.11.11 23:37 | 日常 | トラックバック(0) | コメント(0) |

素晴らしきこの世界

帰りにAさんとTさんが
「休日に出勤したら、バレた時ヤバいって!」
「もしチクられたら、労基法違反で会社潰れちゃう(笑)」
と話していたのを聞いて、いたく感動した。
そんな世界があったなんて。
そして、今そんな世界にいるなんて…。
未だ救われぬかつての仲間達に見せてあげたいよ…マジで(:_;)

ちなみに
「休日でも出勤しなきゃヤバいって!」
「もしチクっても、労基法違反じゃ会社潰れないよ(笑)」
…というのが某社クオリティ(´□`)

そして、そんなかつての仲間達にサンタ帽姿を目撃されていたという罠。
やーんΣ( ̄□ ̄)

2006.11.09 23:49 | 仕事 | トラックバック(0) | コメント(0) |

茸の誘惑

在るアダルト広告のコピーより。

[18禁]
奥さん…生松茸アルヨ
http://*****.com/***

『毒まつ』を思い出して、僕らは泣いた。

…まぁ、泣いてはいないが、
毒まつたけの正体は×××だったんだよなぁ……とか懐かしんだり、した。

2006.11.08 18:15 | ヨタ話 | トラックバック(0) | コメント(0) |

訂正

数日前に書いたブログの中で引用した和歌が間違っていたのでいまさら訂正。
間違ったものにもののあはれを感じていた自分が哀れ。
っていうか、あんな有名なものを間違えるってヤバいよ…本当に(TT)
正しい文を探すために検索したら、「ツンデレな百人一首」なるものを発見。
ツンデレは時間を越える(違)

2006.11.08 01:18 | 日常 | トラックバック(0) | コメント(0) |

マックの

ポテトが長すぎる件について。
いや、別にいいんだけどさ。
長すぎないか?

2006.11.08 01:02 | 日常 | トラックバック(0) | コメント(0) |

混合実験結果報告

100%野菜ジュース(果汁非混合)+ファンタグレープを1:1で配合。

………………不味い。
色は普通だが、まず葡萄臭が無意味に主張。安っぽい香り付き消しゴムのニオイがするよ(涙)
そして、炭酸入り野菜ジュースってのがまた奇妙な味わい。
ドロドロしたものに炭酸を入れるとこれ程凶悪になるとは……。
しかも後味かなり悪し。

結論---

悪い事言わない。やめとけ。

2006.11.08 00:39 | ヨタ話 | トラックバック(0) | コメント(0) |

昼ドラの掟

久しぶりに昼ドラを観たら、全くそんなそぶりもなかったヒロインと相手の男が実は兄妹でした。
しかも、実は兄妹ではありませんでした(*´艸`)

こう書くと私の日本語が不自由なように見えますが、私は事実を述べたのみです。もう、どっちかに統一してくれよ……解り辛いから(´□`)
もちろん、まだ二人はその事(血がつながってない)を知りません。父とヒロインの旦那(年上で金持ち)だけが知っているのです。
墓場まで持って行くには重い…と父がバラしましたが、明らかに秘密をバラす相手を間違っています。
一番バラしちゃダメな相手だろう。

その後の『冬の輪舞』再放送は偶然最終回でした。
近年稀に見るグダグダなドラマでした。
『牡丹と薔薇』のラストも酷いですが、全体を通してならこっちの方が凄い。
当時は元ライダーのイケメンをキャスティングするのが恒例だったので、この作品にも二人出ています(正確には一人はライダーじゃない)が、騎士こと松田悟志の扱いが酷過ぎて涙が出そうです。
こっちでも不幸なのか、騎士…(ノ_・。)

2006.11.07 22:58 | テレビっ子 | トラックバック(0) | コメント(0) |

今日から俺は

何かが!当たるまで!送るのをやめないッ!

…という訳で、懸賞生活始めました(´□`)

2006.11.06 13:19 | 日常 | トラックバック(0) | コメント(0) |

どうかあなたの心に私を住まわせて下さい

また尾道行ってきました。行き過ぎ?
今年三回目です。
今回は学祭前日に現地入りして、相棒と一泊。

More ...

2006.11.04 23:05 | 旅日記 | トラックバック(0) | コメント(0) |

かわいそうなアレ

故あって大学の卒業アルバム漁ってたら、懐かしい卒論が出てきました。
パンチ穴を開け間違えて逆に閉じちゃった思い出の品にして、締切15分前に完成した奇跡の作品。
冬休み明けてから取り掛かったから、実際約二週間でできちゃった☆(なめすぎ)
……よく卒業できたよな、ホントに(´Д`)

でも、読み返すとテンパってたせいか日本語がかなり微妙にほんのりと間違ってるような気もしなくはない部分があったり(よく読むとおかしいorよく読むと正しい)、逆にやたらカッコ良く決まってて少し陶酔気味な表現がむず痒かったりして、ある意味面白いです。
そして、もちろん内容は薄いのですが、何より『まとめ』と『おわりに』が各10行程度しか無いのが凄い。
はからずもこんなに美しく『竜頭蛇尾』という誇示を体現しちゃったあの日の自分に乾杯。
何度見ても(頭のレベルが)かわいそすぎる論文です(⊃Д`)
ごめんよ、先生…………。

2006.11.02 23:13 | 日常 | トラックバック(0) | コメント(0) |

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。