FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

ムシ戦記~いまだに退職理由が決まらないのは多分奴らの陰謀だと憤ってみたりしながらまったり過ごす春の昼下がりにはドーナツを食べよう…の巻~

今日は初めての認定日で職安へ。
人が多いと聞いて不安だったけど、思ったよりいなくて良かった。
午前中が狙い目なのかも?
いや、認定日は時間指定があるけど。


ついでなので検索もして、活動回数をセコく稼いでみたり。
いいじゃないか、来るのめんどいんだから!
軽くヒッキーだもの。
そしたら、なんか違う意味で気になる情報を見つけてみたり。


その1
職種…店番

職種…なのか?
なんか懐かしい単語だけど、不意にジャイアンを思い出した。
「タケシ!店番サボるんじゃないよ!!」
(※ジャイアン母の声で)
みたいなアレを。


その2
職種…きれいめカジュアルな婦人服の販売

大変解りやすくてようございます。
23区みたいな感じ??
実際問題、服ってイメージ路線によって求める販売員違うだろうし。
関係ないが、明らかに若者向けの安い店には必ず1人は婆ちゃんかオバちゃんが潜伏しているのは何故だろう…。


その3
会社名…総●警備
職種…スーパーの生鮮部門
(精肉・鮮魚・農産の加工、販売)

手広くやりすぎ!!
よく見たら派遣もやってるらしい。
一瞬、警備の格好で肉を切るおっさんが頭に浮かんでしまった。どうしてくれるんだ。



そろそろ働かないとヤバいので(いろんな意味で)、ちょっと探しに行ってきます。
ぷりてぃきゅーと☆な雑貨屋で近くて保険付くパートの仕事ないかなぁ…(´□`)
ぷりてぃきゅーと☆だけは譲れんのじゃあ!!
スポンサーサイト

2006.04.20 07:28 | ムシ戦記 | トラックバック(0) | コメント(0) |

ムシ戦記 序章~爆弾のキモチ~

本屋に行ったら、
「ある日、爆弾が落ちて来た」(だっけか?うろ覚え)
というライトノベルがあった。

帯とあらすじを見ると、どうもある日胸にタイマーが付いた爆弾の女の子に出会ったが、その娘は初恋の女の子そっくりで…!?
という話らしい。


爆弾の女の子というキーワードを見て、ふと思い出した。
高校時代に読んだ、ある高校演劇の脚本。
タイトルは忘れてしまったけど。きっと今も部室にあるのだろう。


ある爆弾フェチのマッドサイエンティストが開発した最新型核爆弾。
それらは何故か博士の趣味でセーラー服を着た4人の少女の形をしていた。
菊花、梅子、桃子、桜。
4人の爆弾娘は主人公の少年と少女のクラスに転入して来て、普通の少女として日常を過ごしていく。
ただ、4人は爆弾として生まれたからには爆発してみたいと強く願っていて、少年達が戦争の不当性を訴えても耳も貸そうとしない。

そんなある日戦争が始まり、菊花、梅子、桃子の3人は爆発するために出撃する。
最後に残った大人しい末っ子、桜を少年達は必死で引き止めるが、やはり桜も本能には逆らえないのだと言い残して出ていく。
茫然と立ち尽くす少年に、少女は逃げようと促した。


そんな話。
懐かしいなぁ………。


さて、今日は職安で失業保険の申請をしてきますた。
理由は「過度の残業」と訴えたら、多分会社側は認めないけど調査しますか?と言われた。
メモも残してなかったし、私ごときが訴えてもあの会社が揺らぐことはまず無い。
だけど。
ここで折れてはいけないと思うんだ。
爆弾として生まれたからには爆発したい
まさに、そんな心境。
一寸の虫にも五分の魂。
労働者の心には5gの火薬。


…という訳で、わたくしも本能のままに炸裂して参ります。


まあ、何があるって訳でも無いけどさw

2006.04.07 07:29 | ムシ戦記 | トラックバック(0) | コメント(0) |

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。